[PR] ショッピング

Home

HOLLOWDAY - Podcast "Bonchicast" ちんのけものみち。

「エド・ウッド」好きなだけではだめかしらと悩むアナタに。

  • 2011/05/31 火
  • -

人生って誰もが順風満帆ではない。
今やってる仕事や生き方が明らかに間違っているような気がして、いくらがんばっても上手くいかず年齢だけを重ねる。

そんな時ふっと想うのだ。
好きなだけではだめかしら。いや、そも好きなのかしら。

90年代の無闇なビデオソフトの乱発期。C級、D級映画ブームの中でやたらと「エド・ウッド」の名前は轟き渡っていて、当時伝説の「Plan 9 From Outer Space」の直輸入盤らしきものを、友人宅でワクワク死ながら観て猛烈に後悔した記憶がある。

最低映画なんていわれて、軽いサブカル優越感のごときしたり顔で観てはいけない。つまらない映画は本当につまらないのだ。今ひとつよくわからない画面。話はつながらず、円盤の糸はクッキリ。

と、いう懐かしい思い出。

そんな中で、なんとエドウッドの伝記映画ができるという。しかも、監督はティム・バートン。1994年のこと。

好きな映画監督は何人もいるが、ほぼすべての作品を観ていてほぼどれもが好きな監督は少ない。ティム・バートンはそんな希有な監督の一人。嫌いなのはリ・イマジネーションとか言われた「猿の惑星」のみだ。なんだそのリ・インカネーションみたいなのわ。

映画「エド・ウッド」は一番好きな映画ではないが、愛してやまない1本となった。

続きを読む>>
  • comments (0)
  • trackbacks (0)
  • *

「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」リアルなんてまっぴらというリアル。

  • 2011/05/31 火
  • -

 

まったくリアリティのない世界で愛に溢れた映画。
オールドゲーム好きなら全編にちりばめられたコネタにツボること間違いなし。

scopil_wall_1280x1024

バカ映画が好きなのだ。
深刻な顔して難しい事を語るより、気持ちを一字一句漏らさず「喋ってしまう」陳腐な恋愛映画より(これはバカ映画のジャンルに入るけど)好き。

現実なんてまっぴらだ。なのに、バカの中に真実はある。
そう、バカ映画にはお金も知性も品性もない。でも、溢れるほどある「愛」に打たれる。

続きを読む>>
  • comments (1)
  • trackbacks (0)
  • *

「ブラックスワン」は俺のホラー。

  • 2011/05/29 日
  • -

一番怖いのは「壊れる自分を見せつけられること」ということを実感する、少女漫画的ホラー(しかも極上)。 見せ物としても損ないから。こわいし。

クラウスノミ張りの異様さです。 ブラックスワンはこわい。

心理サスペンス的な文芸大作と思って観にいったら、ど根性少女漫画的なガッツリホラーでたまげた。

どうやら、かなりの人がそう思ったらしく後ろの席のカップルは、悲鳴より大きな息を「はふーっ!はふーっ!」と連発してよりホラーだったし、終わった後のロビーでは「怖い映画嫌いなのに」とうなだれる彼女を、しっかり今晩への期待を盛り上げるべくチョイスしたであろう彼氏が所在なさげに慰めていた。ご愁傷様。

もちろん怖いだけじゃなく、ひとつの事に全身全霊をこめて打ち込むことの壮絶さとか、気高さもぶっこんである。

ストーリーは割合単純でベタ。

NYのバレエカンパニーで、将来のプリマを目指すニナ。
次回の公演は、まったく新しい解釈によるフレッシュな「白鳥の湖」。野心家で好色な好色って、な監督のトマスはそれまでのプリマ、ベスを引退に追い込み、ニナを抜擢する。

バレエ一筋に育ち、純真無垢でストイックなニナは白鳥にぴったり。
しかし、対照的に情熱的で奔放、猥雑で官能的な黒鳥を演じることができない。今回は二役を演じないといけないわけ。

監督はセクハラ三昧しつつ、厳しい要求を求めたおす。
一方で代役(バックアップ)に選ばれた、黒鳥そのものの奔放でビッチなイケてるリリーは、虎視眈々と主役の座を狙い、家に帰れば娘に夢を託す大好きな母親が彼女の前に立ちふさがる。周囲の嫉妬と嫌がらせ、大抜擢が故の過酷なプレッシャー。

彼女をとりまくすべてが彼女を追いこみ、彼女は猛烈に壊れ始めるが。さて、彼女は見事に本公演をつとめることができるか?

と、ゆー。
典型的な「プリマを目指すど根性バレエ漫画」みたいなストーリーを、丁寧に丁寧に描写してなおかつ手法として下世話をおそれず積極的にホラーを取り入れている所があたらしい。「これってあの映画」って指摘できるくらいホラー映画の引用も多い(パクってると思う)。

続きを読む>>
  • comments (0)
  • trackbacks (0)
  • *

vol.235 「ダメ人間の証(DNA)」 Bonchicast

seaoyaji  

♪ 番組を聴く

ちょっと前の録音ですけども。
本当に受け継ぐ「血」ってあるのですかね。

遠く離れた血縁に自分を見つけた時の恐怖。そして、もしかしたら自分はひとりではないのかもしれないという安堵。

今回はある意味ホラーなのです。

ま、最近どろどろした人間関係に疲れているので軽くイってるのかもしれませんが。だ。

 

今日の音楽

Hans York - Listen To The Moon(musicalley.com) Inside Out - Hans York

※ この方、随分長い間愛聴していますが、中でもこの曲の美しさは異常。

BGM

Jeff Wahl - Forever/Root beer meteor shower/She misses the ocean(Magnatune.com)

  • comments (0)
  • trackbacks (0)
  • *

vol.234 「ガッツリよその告知のみの貝」 Bonchicast

gosuisen  
♪ 番組を聴く

 

今回は以前からBonchicastをご紹介いただいているメジャーネットラジオくりらじのプログラム「ごすいせん」のオフイベントの告知です。

でまあ、告知にカコつけてしんばさんとむんぞーさんをお迎えした次第。これがまた、ぐっだぐだでオフビートで個人的には大変嬉しかったです。1時間録音してバサバサカットしております。

ちなみに話の中に出てくる「みゅ~じくん!」はくりらじの人気番組でございます。

こういう形でオフ会などを開く人って尊敬します。私、勇気ないんだよね。ありがとうございました。みなさんよかったらぜひ!そんな貝です。

 

【ごすいせんOFFイベント】

※イベント特設ページはこちら。

【開催日】 2010年11月21日(日)
【時 間】 開場:午後3時30分(15:30)
開宴:午後4時(16:00)~ 終了:午後6時(18:00)
【会 費】 ¥2,500(ワンドリンク(アルコールあり)+軽食 込み)

・ 二杯目の飲み物からは、希望者が実費で支払ってオーダーしてください
【会 場 】 「CRUX Kafeo クルックスカフェオ 」
東京都港区台場2-3-2 台場フロンティアビル 2F
りんかい線「東京テレポート」駅から徒歩4分
ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅から徒歩3分/「青海」駅からテレポートブリッジを利用して徒歩でも移動できます。

 

今日の音楽

Edwin Derricutt – 3:23(musicalley.com)
※ニュージーランドのジャックジョンソン、あるいはGラブ?
めちゃくちゃカッコ良いわあ。好きだわあ。いっぱい楽曲登録されてるので全部ダウンロードしました。

BGM:Heavy Mellow - Firm Foundation/Laurel River Trail/Spinnaker/Riptide(magnatune.com)

  • comments (0)
  • trackbacks (0)
  • *

vol.233 「幸福ってなんですか?」 Bonchicast

BC1018 
♪ 番組を聴く

 

最近、時間があると「幸福とは」とか「本当の幸せ教えてよ」とか、今頃になって考えるのがちょっとブームなのですが(どんなんだよ)、そのきっかけはとあるお仕事でのとある一件でした。

ちょっと古い録音になりますが、今なおエヴァーグリーンな輝きをたたえる好編だと思っています。うそだけど。だし、1ヶ月くらいしか前じゃないし。

 

今日の音楽 ジャケット画像

アインシュタインズ - 猫目アダムスキー(WEB/mf247)

※今最も優れた相対性理論のエピゴーネン。

ユニット名からもわかるようにお遊び感あふれながら、昨今のインディーズのライブあたりで溢れかえっている相対性理論フォロワーよりずっとオリジナル。

オリジナルのふりしてパクってばかりの多くの人達よりずっと潔く、確かなセンスに感激。

単純にいい曲。応援します。

  • comments (0)
  • trackbacks (0)
  • *

すべてのデータもやがて消える。雨の中の涙のように。

hdd

とにかくHDDをよく飛ばす。原因がよくわかんないけどよく壊す。

最近は少し安定していて最長不倒記録を更新中だ。1年半くらいだけど。つまり、この十数年くらいそれ以下しかHDDがもってないということ。

大体「大事なデーターはココ一番で失う」もの。

欲しい時にはなく、終了する寸前に消える。ほんにかげろうのように移ろいやすいあなただ。

もーさいきんはーそーゆーふーにー世の中はできていると達観しすぎて、データどころか仕事すら失いつつありますから。

また、データが無くなる感覚っていうのは独特の深い虚無感があって、これまたボディブローが効く。

その失った時のすごく乾いた悲しみっていうんですかね。雨の中の涙のように消えて行くわけですから、そういう意味ではもうパンチドランカーになっているとも。も。ふらふらのポンコツです!

まだ、遊びのものはいいけど仕事となると〆切直前とか、もういっそ家に火を放って逃げたろかと思ったことも一度や二度じゃない(あるわけ)。

だからといって、いたずらに防寒しているわけじゃない。肌寒いですから違う。傍観。
私の人生なんて、消えるデータの戦いと敗北の記録みていなもんです。

 

詰まるところどうバックアップをとっていくかという話になるわけです。

続きを読む>>
  • comments (1)
  • trackbacks (0)
  • *

とりあえずiPhone4手に入れた(かなり前)

  • 2010/09/09 木
  • -
まだ若いフォー

ずーっと空き家にしていたわけのひとつは、買ってしまったiPhone4。

もう1ヶ月くらい前(笑)。

 

随分長い間、決して近づいてはならないと全身全霊をあげて避けてきたiPhoneに、とうとう落ちました。ええ。ズブズブです。

 

実は私、もともとこの手のちっこいキカイに目がなく、今やなんだかなぞめいたことになっているPalmをこよなく愛した過去を(まあ、まだ目の前にクリエがありますけど)もつ私。


まあ、手にいれれば楽しい毎日。おかげでモロモロ止まりました。

 

仕事も。

 

生活も。

 

ふ。

  • comments (0)
  • trackbacks (0)
  • *

始めること、終えること。

  • 2010/07/29 木
  • -

ABTS

 

明日とあさっては自分にとって大切な2日間となりました。

なんてドラマチック!

そして自分以外にとって、まったく関係ないことかっ(嗚咽)。


ひとつは、打ち切られたエフエム福岡の番組「ちんさや」が明日、7/30(金)の21:00よりUstreamの生放送として復活するということ。地上波のラジオ番組としても毎週土曜日、深夜1時に30分番組として放送されます。

ちんさやRT 復活第1弾! (ちんさや リターンズ)

もうひとつは、2003年から休むことなく続けてきたネットラジオの「AirBonchi」を7/31(土)23:00からの放送を持って、終了させること。

もちろん二つは無関係でもなく、ちんさやが復活するのでAirBonchiを終了する踏ん切りがついたのです。

でもAirBonchiからちんさやへってわけでもなんでもないので、色々思うところはありますが。

ちんさやを応援してくれた多くのみなさんに、ついにこの奇跡を(だって打ち切られた番組の復活です)感謝と共に楽しみたいです。

自分がつらいときも楽しい時も(あんまないけど)ずーっと聞いてくれたAirBonchiのリスナーさんには、感謝以外の何もない。ほんとうに本当にありがとうございます。

 

今回はBonchicastは休まないでおこうとうっすら思っています(涙)。

  • comments (1)
  • trackbacks (0)
  • *

くりらじ 「ごすいせん」にリベンジしてきました!

  • 2010/06/30 水
  • -

番組アイコン番組アイコン番組アイコン

前回もお邪魔して、ごすいせんまでしてもらったのに強烈に評判が悪かったあの番組「ごすいせん」に、リベンジを熱望していたのですけど再度ゲストで呼んでいただきました。

前回以上に楽しんできた、というかもはや単なる乱暴者として暴れてまいりました。本当にすみませんでした!! > しんばさん、むんぞーさん。

サブタイトルにかなりスタッフの皆様の思いがこもっているような気がして恐縮ですが、きっと気のせいだと思い直しスルーしました。

前回ご不満だった皆様。ぜひリベンジをお楽しみください。

 

Web R@dio Station“くりらじ” 「ザ・田中淳ショー」
<http://www.c-radio.net/link/gosuisen.html>

  • comments (1)
  • trackbacks (0)
  • *

1/91 >>

Home

Search

あわせて読みたい

Feeds
  • Page Top