[PR] ��ョッ�����

Home > 最強のフリー編集ソフト「Audacity」その2 -録音しよう-

最強のフリー編集ソフト「Audacity」その2 -録音しよう-

podcastを作ろう

さていよいよAudacityで操作をはじめましょう。

と、おなじみYokohamaBlueRadioさんでちょうどAudacityの話題がピックアップされてます。

録音は「SoundEngine Free(SEF)」とほぼ同じなのでパスと考えていたのですけど、考えてみればここから始めると操作が分かりやすいのですね。てことで録音から始めてみましょう。

ここらがおわかりならかるーく読み飛ばしてもらって大丈夫です。
録音を通してAudacityの基本操作を説明します。

 

■録音しようの前に

さて録音はSEFと同じです。コントロールパネルの設定を忘れずに!

ゼンゼンわからない方は「ポッドキャストをつくる アーカイブ」を最初から。
コントロールパネルの設定は「コンパネ攻略!」を。
今回はコンパネの簡単なおさらいを動画で用意しました(余計な配慮多数)。


●録音コントロールパネル(Windows)の解説
(FlashPlayerが必要です)


■録音しよう

●録音用各部の説明

録音用各部の説明

すでに他のソフトを使用していれば録音はカンタン。

録音ボタンで録音開始。終わったら停止です。カンタン。
マイクの音量はいつものようにコントロールパネルで調整すればいいのですが、Audacityのパネル上でも調整ができます。レベルが大きくなりすぎないようにレベルメーターで確認しつつ注意しましょう。

ちなみに上の図ではモノラルマイクですので1トラック(1本)に波形はひとつ。ステレオですと1トラックに左右の2つの波形が表示されます。

停止で終了するとそこで1トラックが完成します。そのまま録音で次の録音を始めるとその下に2トラック目が作成、以下、下に下に追加されます。

例えば、喋っていて一旦お休み。そして再開というときには一時停止一時停止再開の時は一時停止をもう一回クリックで停止した位置から後ろに続いて録音されます。

再生ボタンで再生してみればちゃんと録音されているのがわかるはず。

ちょっと待て。

前半・中盤・後半と3つにわけて録音すると上のように同じ位置にカブって作られるじゃないの。再生すると全部一斉にわーわー鳴り出すじゃない?と。そうですね。

ここからがマルチトラックならではの操作なのですね。



■タイムシフトツールで位置を動かす

ツールボタンさて、ここで必要なのがパネルの左上「ツールボタン」です。

それぞれマウス操作に様々な機能を与えます。
今回は左の赤色「タイムシフト」をクリック

時間軸に沿ってトラックを移動するために使います。ようするに左右に移動するツールです。

クリックして波形のあたりにマウスを移動するとカーソルが矢印からタイムシフトの両矢印に変わりましたか?

クリックして引っ張る

移動したいトラックの上に移動してドラッグ(クリックして引っ張る)。すると左右どちらにも移動します。
一本目の後ろに移動すれば、見ての通り続けて再生されることになります。

そうそう。表示エリアがキツキツで見にくいときは、虫眼鏡おなじみ虫メガネボタンで拡大、縮小して見やすいようにしましょう。見慣れない一番右は全体表示にワンクリックで戻すモノ。

ここにも便利なショートカットキーがあります

全体表示・・・「Ctrl」+「2」キー
ズームイン・・・「Ctrl」+「1」キー
ズームアウト・・・「Ctrl」+「3」キー

覚えておくとこれも便利です。

またそれぞれのトラックが一杯で下のトラックが見にくいときはトラックとトラックの間にカーソルを移動しましょう。カーソルが変化しますので、そこでクリックして上下に移動するとトラックのタテの幅が拡大縮小できます。

とにかく細かい部分をつなぐときはズームイン(拡大)、全体を見渡す時はズームアウト(縮小)これで後ろにつないで、一回聞いてみておかしければまた移動。

こうやってつなぎます。再生してみるとひとつにつながって聞こえるでしょう。


■書き出してみましょう

さてこの操作がわかればトークと音楽をつなぐことができます。

つまり上の図でいうと2本目のトラックが音楽なら、「トーク」→「音楽」→「トーク」となります。ここがジングルや別の人のトークならラジオのような番組ができるわけですね。

まあ、とにかく今回は「トーク」と「音楽」の2トラックが目標ですから、一旦書き出しましょう。

もう一つは2本目、3本目のトラックをカットして1本目の後ろに貼り付けるテもありますが、まあこれはまた後ほど説明しましょう。

書き出し「ファイル」から「別名で書き出し(E)WAV」を選びます。

最終、仕上げるときはその下「MP3ファイルの書き出し」で、MP3ファイルにすることもできますが、今回は素材ですのでWAVにしておきましょう。

保存場所を指定して、分かりやすい名前を付けて「保存」しましょう。

できたファイルを再度、Audacityにドラッグ&ドロップしてみましょう。つながった一つのトラックとして登録されるハズです。

これで一通り録音の方法を紹介しました。

実は今回の一連の操作が、Audacityの一通りの操作となります。

あとは無駄な部分を削ったり、フェードイン、フェードアウトやら、BGMを乗せたりするわけですが、これは次回。

 

書くと面倒ですがやればカンタンです。でわまた!

| *

Comments:26

ちん 2008/03/06 22:59
見落としていました。すみません。
それはヘンですねえ。なぜなら華さんは一度「インポート」の設定でmp3で変換するよう設定していたはずですよ?

そういう現象があるのかどうかわからないんですが・・・

とりあえず。「設定」→「詳細」のタブをクリック。その下に「一般」「インポート」「ディスク作成」と3つ並んではいませんか?
2008/02/18 21:09
お返事くださって、ありがとうございます!
まず再度MP3に変換をし直して取り入れてみたところ、変化なしでした。
なので、ちんさまの教えてくださった方法でWAVに変換してみようとしたんですが、実は、なぜだか、「詳細」タブに「インポート」タブが見当たらないんです。
どうすれば出てきますでしょうか・・。
ごめんなさい、お願いします、教えていただけますでしょうか・・!
ちん 2008/02/18 05:05
お久しぶりです華さん。
今回のゆっくりになったりモノラルになったりと変な現象ですね。

再生速度が変わってしまう場合はサンプリングレート(44khzとか)がおかしい場合などが考えられますが、恐らくiTunesで変換してしかもひとつだけ。というのは妙です。元々のファイルが設定を変えたとか不具合があるなどかもしれません。

とりあえず元のファイルが通常聴く分には問題ないようであれば、iTunesでいつもの設定でいつものようにmp3にもう一回変換しなおしてみましょう。
変換時のトラブルならこれで問題ないはずです。

もしダメならば、iTunesでmp3に変換するように華さんが設定した画面。iTunsの設定から「詳細」タブ→「インポート」タブで「インポート方法」を現在は「MP3エンコーダ」になってるはずですが、これを「WAVエンコーダ」にして変換してみてください。

WAVファイルはMP3よりファイルサイズが巨大になりますが、まったく圧縮していない一番編集などで扱いやすい形式です。これでAudacityを試してみてください。

ステレオになってないのはもしかしたら改善できないかもしれませんが、遅く再生されることは無いはずです。

これでもおかしければ元のファイルがおかしいと思っていいと思いますよ。

まずは試してみてください。
2008/02/17 11:34
こんにちは、ちんさま。お久しぶりです。
いつもいつも、本当にお世話になってます。またお世話になりに来てしまいました。
今度は、なんだかオーディオシティに取り込んだはいいものの、音がひどく低くゆっくりになってしまうんです。
私はボイスレコーダで録ったものをパソコンに入れて、mp3にしてから毎回オーディオシティにいれて編集をしていたのですが、なぜだかたくさんあるうちの一つのものだけ、取り込んだとたん、そうなってしまうんです。
取り込まずに聞いたら普通ですのに・・。
そしてそれだけ、なんだか上下に二つに分かれている(恐らく、右と左の音量・・?)あの線が見えないんです。
どうすれば元に戻るのでしょうか。

お願いです、ちんさま、どうか教えて下さいっ!!
2007/09/23 10:36
ありがとうございました、ちんさま!
なんだか最初よりずっとずっと思ってた感じになった気がします!
これからいろいろいじってやってみたいと思います!
本当にありがとうございました!
ちん 2007/09/18 14:10
ありがとうございます。今度はキッチリわかりましたよ。

その繰り返しの状態で正常です。
最初から設定されている数字はエコーっぽくなく、ディレイというカンジです。

設定をいじることで期待の音っぽくなります。試しつつがいいと思いますが、とりあえず、

1・遅延時間  0.3
2・減衰ファクター0.2

にしてみてください。どうですか?
遅延時間は繰り返しの間隔の時間、ここを少なくするとよりもともとの音に近く、長くすると「繰り返してる」っぽくなります。

減衰ファクターはザックリ言うと「エコーのモワモワ感」を調整できます。少ないとサッパリ、多いとよりエコーがかかったようなカンジになります。

一旦上の設定で効果を試してみて、2つの設定を「0.1」単位で増減させてみると、お好みの音に近づくと思いますよ。

ちょっと面倒ですが慣れれば色んなパターンのエコーもつくれるし、意外とカンタンです。
2007/09/18 08:48
お答え頂きありがとうございます!
手順をしっかりご説明していなかった事失礼しました・・。今後の質問の際は、詳しくきっちり!書かせて頂きます!

遅延時間と減衰ファクターは、もともとその数字になっていたので、それでpreviewをしてみたのですが、質問をする前と変わりませんでした・・。
そこで、今回質問をして思ったのですが、もしかしたらエコーの意味を履き違えていたのかもしれません・・。

自分は、エコーっていったら、こう、もわわわ~んっていう、マイクでしゃべるときの感じだと思ってたんです。
けれど、やっぱりpreviewをしてみると、そんなことはなくて、ただただ何回か繰り返されるだけなんです・・。

ちんさま、エコーっていうのはそういったものなのですか??

それから、自分はオーディオシティのソフトを兄に取り込んでもらったのですが、完全な形ではないらしいんです。簡略化、という言葉を使われましたが、よくわかりません・・。
もしかしたらそれが原因なのでしょうか。

よろしければ、お教えくださいませ・・!
ちん 2007/09/16 23:34
いらっしゃい。
いつもそうなんですけども、できるだけどういう順番でどうやって、何をいじったなどを詳しく書いてくだささいね。

質問は歓迎してますが、あまりに漠然としているとああなのかな、こうなのかなとこちらで色々想像しての答えになりお役に立ちにくいですね。

で、今回の件で推察するとエコーの設定をいじった場合しか思いつきません。

「効果」→「エコー」を選択すると次の2つの設定が表示されます。

1・遅延時間
2・減衰ファクター

です。
ここの数字を
遅延時間 1秒
減衰ファクター 0.5
の数字になっているか確認してなっていなければ、この数字にしてみましょう。

ここが両方とも0だと効果はゼロです。

その上で「preview」で効果を確認します(2秒くらいしか再生しませんので、音声の頭に空白があるとわかりません)。

その上でOKです。
これでエコー(正確にはディレイ)がかかります。

減衰時間を「0.5」など小数点以下にするとよりエコーっぽくなります。

理屈が分かったら2つの設定を調整することでかなりキレイなエコーになりますよ。

それ以外の理由は今思いつきませんので、そうでない場合はまた詳しく手順を教えてくださいね。
2007/09/16 22:10
こんばんは、ちんさま。またまたお世話になりにきました、華でございます!
毎度まいどごめんなさいっ!けれど、どうか教えていただければ嬉しいです!

実は今回は、オーディオシティで「
エコーを使ってみようとしたのですが、なぜか全然エコーがかからないんです・・。
エコーを入れたときと入れなかったときの差といったら、せいぜい最後の方に「シッ」っていうノイズが入るくらいで、エコー事態はかかってくれないのですよ!

どうすればよいでしょうか・・。
ごめんなさいっ、どうか教えてくださいっ!お願いします!
2007/08/12 13:18
できたっ!できましたよちんさまっ!!
なるほど、コントロールパネルっていうものが原因だったのですね!
ああ、もう本当、本当に有難うございましたっ!!
締め切りすぎてて泣いてたんですっ、ほんとうに助かりました!!
ありがとうございました!!!
またお世話になることがあるかもしれませんが、その時もまたどうか、お願い致します!!
それでは、失礼致します!
本当に、お世話になりました!!
ちん 2007/08/12 03:23
はいはい。いくつか原因が考えられます。

1・まずはマイクの端子がPCの前と後ろにある場合は勝手にどちらかしか使えなくなっている場合があります。その場合は差し替えてみます。

2・一番怪しいのはPC側のマイク入力のボリュームがゼロになっている場合があります。

Skypeなどの音声チャットソフトをインストールした場合などこの現象が起きる場合があります。

[LINK]クリック

ここにコントロールパネルの解説がありますから参考にマイクのボリュームがゼロ、またはミュートになってないか確認してください。

ミュートはどっちでもイイ場合もありますが、とりあえずチェックをはずして試してみましょう。

多くはなんらかの原因でマイクが入らないように設定が変わっている場合があります。

3・その他の原因は例えばUSBオーディオやUSB変換アダプターなどを使用した場合、設定で切り替わっていない場合があります。この場合は改めておたずねください。

Audacityが悪さをしている場合もありますが、それはAudacityをコントロールパネルの「プログラムの追加と削除」で削除してみれば元にもどります。上記のいずれでもない場合は一旦削除して、PCを再起動、そして試してみてください。

うまくいくといいですね。うまくいかない場合はまたお待ちしてますね。
2007/08/11 19:11
ちんさんっ!こんにちは、またお世話になりにきました・・。お久しぶりです、華です!
お願いです、どうかお力をお貸し下さい・・!
何度やってみても、Audacityをパソコンに取り込んでからというもの、時期を同じくして全ての録音機能がストップしちゃったんです・・!!
・・といっても、サウンドエンジンとAudacityの二つだけなわけなんですが、
これってなにが原因なんでしょうか・・。

状況としては、どんなに大声を出してみても、いつもあった声の大きさを表す波形状ができないんです。
ちゃんとマイクはささっているし、オンになっていることも何回も確認したんですが、
本当に何もしていないのに急に使えなくなっちゃったんです・・。

どうすればよいか・・どうか教えて下さい・・!!
ちん 2007/08/02 18:39
ああ、よかった。ホッとしました。
私の分かる範囲だけですが困ったことがあれば相談にのりますよ。お待ちしています。
2007/07/31 20:59
ありがとうございますっ、ちんさん!
本当に助かりました!丁寧な説明を頂いたおかげで、やっとちゃんと変換できました!!
そして綺麗に聞こえるようになりました!
ありがとうございましたっ、心から感謝申し上げます!!
またお世話になることがあるかもしれませんが、その時もよろしくお願いいたします!
それでは、本当にほんとうに、有難うございました!!!
ちん 2007/07/29 14:16
取り急ぎiTunesで変換する方法を説明しますね。
[LINK]クリック

専用ソフトもいくつもありますが、まずは手近なところでやってみてくださいね。
2007/07/28 12:49
お返事いただきましてありがとうございます!
なるほどっ、確かに「.wma」形式のファイルになっていました。
これを「.wav」形式のファイルに変えればよいのですね!!おお、さすがちんさま!

・・・ええと、ごめんなさい、どうやったら変えられるのでしょうか・・!
お願いします、どうか教えてくださいませ!
ちん 2007/07/24 02:00
春希さん分。LAMEのリンクが切れているようですのでこちらを参照。

ポッドキャストとけものみち「BONCHICAST Log」 | 音質改善を考えるならLAMEを使ってみる
[LINK]クリック
ちん 2007/07/24 01:58
華さんこんちわ。ちょっと状況がもう少しわかるとお役に立てるかも。ってかんじ。例えばボイスレコーダーの機種とかですね。

なーんとなく推理してお答えすると
1・取り込めない
一番考えられるのはレコーダーの音声ファイルの形式がAudacityが対応してない場合です。mp3かwav形式ならOK(最新盤のβ版のAudacityではmov, aac, m4aまで対応)です。

例えばオリンパスのボイスレコーダーだと「.wma」形式のファイルですのでそのままでは取り込めません。一旦、他のソフトでwav形式あたりに変換してやるとできます。

2・再生がおかしい
これはちょっとよくわかりません。ありそうなのは例えばmp3でもVBR(可変ビットレート)で録音されたモノやサンプリングレートが特殊な場合は音声系ではトラブルがある場合があると聞いたことがあります。

あんまりお役に立ちません?
もっと詳しくとかわかりやすくとか言う場合はまた質問して下さい。その際は例えばどのメーカーのどれなんてことを教えてくれるともう少し分かるかもしれません。

おまちしてまーす。
2007/07/23 18:39
こんにちは、ちんさん。
いつも丁寧な説明で大変助かりまくっている者です。
実は、ボイスレコーダのデータをパソコンに取り込んで、それをAudacityで編集をしたいと考えていたのですが、ここで大きな問題が二つでてきてしまって・・・。

一つは、Audacityに取り込めないものがあることでして・・。
二つ目は、せっかく取り込めても、再生を押した所で一瞬で終わってしまうことなんです!
なんというか、長い物が一瞬に凝縮されたみたいにびゅんっていって、それで終わってしまうのです・・。

もしもよろしければ、お力をお貸しいただけないでしょうか・・・。お願いします!
ちん 2006/08/03 22:47
追記。この場合使用するのは「lame_enc.dll」という名前のファイルです。で、もし場所が分からないというのと違う症状。例えば設定もできるLAMEの保存場所もわかる。でもエラーがでる。という場合はファイルが壊れているかもしれません。再度インストールし直してみてください(LAMEのほうをですよ)。一応、Bonchicastですすめている自動的にインストールするヤツと、最新版も試してみましたがエラーはでないよう。もし違う症状や分からない場合はメールでもいいのでお問い合わせくださいね。
ちん 2006/08/03 22:43
春希さん。いらっしゃい。たわしさんと同じということは、LAMEをインストールしたけれど、設定をまだしてない。ので「探す」ようにアラートがでたので探したけど保存場所が見つからない。というものです。これでいいでしょうか?
[LINK]クリック
ここに置き場所などについての記事を書いています。一度参照してみてください。
春希 2006/08/02 13:05
いつもお世話になっている春希という者です。
上に書いてあるたわしさんと同じような状況でMP3ファイルの書き出しができません。
書き出しのときにLAMEを選択する画面がでてきて選択するのですが、「MP3レコーディングライブラリが開けません」とでてきます。
どうすればいいのでしょうか?
ちん 2006/03/19 05:33
お役に立ったならうれしっすよ!なるほどお。
まずリアルタイムで聞きながらかぶせていくと実際の元の音声は少し遅れて聞こえますのでズれます。ので、後でタイムシフトツールでトラックのズレを修正しますね。で、問題のリアルタイムで二重に聞こえる件は一概に原因が特定できにくかったりします。一番ありそうなのはWindowsならサウンドの録音コントロールパネルの設定を「MixOut」(いろいろ表記あり)ではなく「マイク」にしてみること。サウンドのボード周りかも。ちょっと調べてみましょうね。どなたかわかる方がいらっしゃったらこの後に書き加えてくれるかもですよ。
芋焼酎Love☆ 2006/03/18 20:32
自分も激しくお世話になっている者です。
Audacityとオーディオインターフェイスで生バンドのレコーディングをしているのですが、ちょっと困った事態が…

いざヘッドフォンで録音済みのトラックを聞きながら次のトラックにリアルタイム録音を…とやろうとすると、まるでディレイがかかっているかのように、ヘッドフォンから2重に音が聞こえてくるのです!

なんとかお助けいただけないでしょうか?
ちん 2006/01/06 17:37
たわしさんには個人的なメールをお送りしました。なんとか解決したようでなによりでした。
たわし 2006/01/06 01:01
こちらで大変お世話になってる者です。

丁寧な説明でとても助かってます。

ただどうしても、できないことがあるので教えていただけたら助かります。

Audacity 1.3 BetaとLAMEをインストールしたのですがAudacity の設定で「MP3書き出しセットアップ」のところで「MP3ライブバージョン:MP3書き出しプラグインが見つかりません」となっていて「ライブラリ検索」と言うのを押しても見つけられません。

どうしたらMP3書き出しが出来る様になるのでしょうか?
Comment Form
Remember personal info

Trackback:1

TrackBack URL for this entry
http://tin.hippy.jp/airbonchi/podcast/sb.cgi/162
Listed below are links to weblogs that reference
最強のフリー編集ソフト「Audacity」その2 -録音しよう- from HOLLOWDAY - Podcast "Bonchicast" ちんのけものみち。
ニュース等、Audacityの使い方解説・決定版! from YOKOHAMA BLUE RADiO 2005/10/12 01:47
新しいポッドなニュースが沸騰するほど上がって来ています。詳しくはお馴染みの2サイ...

Home > 最強のフリー編集ソフト「Audacity」その2 -録音しよう-|*

Search
Feeds
あわせて読みたい

Twitterからのつぶやかれ

Page Top