[PR] ショッピング

Home

アーカイブ: 2011/05

「ブラックスワン」は俺のホラー。

  • 2011/05/29 日
  • -

一番怖いのは「壊れる自分を見せつけられること」ということを実感する、少女漫画的ホラー(しかも極上)。 見せ物としても損ないから。こわいし。

クラウスノミ張りの異様さです。 ブラックスワンはこわい。

心理サスペンス的な文芸大作と思って観にいったら、ど根性少女漫画的なガッツリホラーでたまげた。

どうやら、かなりの人がそう思ったらしく後ろの席のカップルは、悲鳴より大きな息を「はふーっ!はふーっ!」と連発してよりホラーだったし、終わった後のロビーでは「怖い映画嫌いなのに」とうなだれる彼女を、しっかり今晩への期待を盛り上げるべくチョイスしたであろう彼氏が所在なさげに慰めていた。ご愁傷様。

もちろん怖いだけじゃなく、ひとつの事に全身全霊をこめて打ち込むことの壮絶さとか、気高さもぶっこんである。

ストーリーは割合単純でベタ。

NYのバレエカンパニーで、将来のプリマを目指すニナ。
次回の公演は、まったく新しい解釈によるフレッシュな「白鳥の湖」。野心家で好色な好色って、な監督のトマスはそれまでのプリマ、ベスを引退に追い込み、ニナを抜擢する。

バレエ一筋に育ち、純真無垢でストイックなニナは白鳥にぴったり。
しかし、対照的に情熱的で奔放、猥雑で官能的な黒鳥を演じることができない。今回は二役を演じないといけないわけ。

監督はセクハラ三昧しつつ、厳しい要求を求めたおす。
一方で代役(バックアップ)に選ばれた、黒鳥そのものの奔放でビッチなイケてるリリーは、虎視眈々と主役の座を狙い、家に帰れば娘に夢を託す大好きな母親が彼女の前に立ちふさがる。周囲の嫉妬と嫌がらせ、大抜擢が故の過酷なプレッシャー。

彼女をとりまくすべてが彼女を追いこみ、彼女は猛烈に壊れ始めるが。さて、彼女は見事に本公演をつとめることができるか?

と、ゆー。
典型的な「プリマを目指すど根性バレエ漫画」みたいなストーリーを、丁寧に丁寧に描写してなおかつ手法として下世話をおそれず積極的にホラーを取り入れている所があたらしい。「これってあの映画」って指摘できるくらいホラー映画の引用も多い(パクってると思う)。

続きを読む>>
  • comments (0)
  • trackbacks (0)
  • *

「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」リアルなんてまっぴらというリアル。

  • 2011/05/31 火
  • -

 

まったくリアリティのない世界で愛に溢れた映画。
オールドゲーム好きなら全編にちりばめられたコネタにツボること間違いなし。

scopil_wall_1280x1024

バカ映画が好きなのだ。
深刻な顔して難しい事を語るより、気持ちを一字一句漏らさず「喋ってしまう」陳腐な恋愛映画より(これはバカ映画のジャンルに入るけど)好き。

現実なんてまっぴらだ。なのに、バカの中に真実はある。
そう、バカ映画にはお金も知性も品性もない。でも、溢れるほどある「愛」に打たれる。

続きを読む>>
  • comments (1)
  • trackbacks (0)
  • *

「エド・ウッド」好きなだけではだめかしらと悩むアナタに。

  • 2011/05/31 火
  • -

人生って誰もが順風満帆ではない。
今やってる仕事や生き方が明らかに間違っているような気がして、いくらがんばっても上手くいかず年齢だけを重ねる。

そんな時ふっと想うのだ。
好きなだけではだめかしら。いや、そも好きなのかしら。

90年代の無闇なビデオソフトの乱発期。C級、D級映画ブームの中でやたらと「エド・ウッド」の名前は轟き渡っていて、当時伝説の「Plan 9 From Outer Space」の直輸入盤らしきものを、友人宅でワクワク死ながら観て猛烈に後悔した記憶がある。

最低映画なんていわれて、軽いサブカル優越感のごときしたり顔で観てはいけない。つまらない映画は本当につまらないのだ。今ひとつよくわからない画面。話はつながらず、円盤の糸はクッキリ。

と、いう懐かしい思い出。

そんな中で、なんとエドウッドの伝記映画ができるという。しかも、監督はティム・バートン。1994年のこと。

好きな映画監督は何人もいるが、ほぼすべての作品を観ていてほぼどれもが好きな監督は少ない。ティム・バートンはそんな希有な監督の一人。嫌いなのはリ・イマジネーションとか言われた「猿の惑星」のみだ。なんだそのリ・インカネーションみたいなのわ。

映画「エド・ウッド」は一番好きな映画ではないが、愛してやまない1本となった。

続きを読む>>
  • comments (0)
  • trackbacks (0)
  • *

1/1

Home