ちんが運営するネットラジオステーション「エアボンチ」からのお知らせ

ネットラジオ「エアボンチ」からお知らせ

2006年06月05日


パームへの忠誠を試される果てしなき旅路


前日の夜は素晴らしかったのだよ。

東京に着くなり陣来霧さんのイキなはからいで、築地の某店で海の幸をDogcastな皆さんやAirBonchiな皆さんそしていつもお世話になっているみなさんと頂いて私は良いスタートを切ったのだよ。

翌日は良くなかった。

もとより用事があって空けていたのにいつまでたっても連絡も来ずそのままフェードアウト。親族とはいえ失礼すぎるじゃあないですか。

しかし神は見捨てない。くどうっちから「東京ラ・パームのオフに顔出しませんか?」と誘われたのですよ。ちょうどその日にあるらしい。じゃあ参加させていただきましょう。その「ラ」がつくパームユーザーの集いへ。

喜んだ後にハッと気づいた。

パームのオフ会に私は参加して良いのか。
確かにこのサイトは「パームボンチ・メロウライフ」と名付けている。その昔は「パーム盆地」と言った。パームユーザーならではのちっこいキカイ「パーム」と「お笑い」をクロスオーバーしたちったあ知られた存在だった(この辺、過去なのですでにかなり美化されている)。その後、離婚失業を経て「パームボンチ・アンリミテッド」となり、画期的な「パーム系娯楽サイト」としてパームにほとんど触れないパームサイトとして美しい内容を誇った(この辺、過去なので極端に美化されている)。

さらに現在、「パームボンチ・メロウライフ」として画期的な意地でもパームを語らないいっそパームでもないサイトとして続いている。

それってパームから足を洗ったような気がうっすらとしないような気がしないでもない。

しかし依然として愛機はSONY TH55という完成されたマシンを活用しているし、私は胸を張って参加しても良いではないか。大丈夫さ。みんな優しく迎え入れてくれるに決まってる。あたりまえさそうなのよそうにきまってるのようふふふふ。

パームを持ってくるのを忘れている。

ああああああああああああああああああああああああああああ(錯乱)。

手ぶらでもいいのか。こんなことならパームのタトゥでも内股のちんちんの近くにでも彫っておけば良かった。そらあんたムリばい(博多弁)。博多ぶらぶらぶら下げてって福岡地区以外全く通用しないことすら書いてしまうほどに私は不安だ。

ともあれ、私は大きな不安を抱えてオフ会会場へと向かうことになった。結局件の予定で振り回されホテルを出たのはすでにオフ会はスタートした時間。1次会は午後9時まで。なに、それまでにはたどり着くには十分すぎる時間だ。

しかし、その時すでに私はもうひとつの不安を失念していた。

私はハゲるほど方向音痴なのだった。

(つづいてどーする)


2006年06月01日


再開することにしたのだよ


ど~も~。

ひさしぶりです。「ちんはポッドキャストにご執心だ」(事実)、「フェードアウトさせるつもりらしい」(事実。じゃない)、「ついにネタ切れ」(それはそうかもしれない)。などと色々言われている私です。そうかよ。

今回はちょっと事情があるわけですよ。
実はちょっと前から気づいていたのですが、パームボンチの私のしょっぱい生活がどーやら元の会社のごくごく一部の野郎どもにMLのように転載されて回っているらしい。と聞いたんだよこれが。いや、いいんだそれは。だって公開してるわけじゃない。

だけどよーなんかよームカつくじゃん。

しかも、どうも回してる連中の顔ぶれを見るとどーも会社でエラソーだった私が落ちぶれているのを見て笑ってる的な臭いがぷんぷんするわけ。誰が落ちぶれてんだっつの。生活が苦しいだけだ(一緒だ)。

俺はなーお前達の為に座薬を突っ込んでいるわけじゃないんだぜ。かといって誰のためといわれても困るがな。愛おしく笑って頂ける方にお贈りしているのです。ま、お客さんは選べんがな。

とゆーわけで、ここしばらくあんまり生活に触れずに書いていたらツマラなくなってきた。とゆーわけです。

しかし。私東京でいろいろと飲み倒し(実は仕事だったんだけど)開眼しました。

誰にケツの穴見られても悔いナシ!

あったな。まだプライドのカケラが。ふっふっふ。
一応、問題の一部の方にはメールにてご挨拶をしておきましたのでもう大丈夫。

「ご愛読頂いてありがとうございます。お元気ですか?さらに楽しんで頂けるように皆さんについても渾身の力を込めておいしく紹介させていただきます。」

ちうことで、じわじわ再開です。ま、色々やってますのでペースはゆっくりですが、ボチボチよろしくね。と。
あーすっきりした。

 


2006年04月26日


象が濡れても壊れない


LetsNote その昔だよ。失神するくらい昔、「象が踏んでも壊れない」 というキャッチフレーズのアーム筆入れという筆箱が流行った。

CMでは実際に象がフミフミしていて、教室では「打倒象!」を目指して気が狂ったように踏んでいたのだが(小学生はいつの時代も愚かしい)時々壊れたものです。

松下電器のノートPC「Let's note」を見るたびにそれを思い出す。新製品が出るたびに頑丈になりバッテリ寿命が延びる。

今回新製品が登場して内蔵バッテリで軒並み10時間越えたそうだ。A4のヤツなんか15時間だ。PCはちっこいのに予備バッテリだほとんど大型ノートみたいにデカくなる長時間バッテリ(サギ)でひーひー言っていたのが昔のよう。そして全機種耐100kgを達成したらしい。このまま行けば象が踏んでも壊れないPCができるにちがいない。

しかしだ。
仮に象が踏んでも壊れないノートPCが出来たとしてそれで万全か?それは違う。象が濡れていたらどーする。どんなに丈夫でも象が濡れていたら水の泡だ。あ、なんか上手に言ってしまった。そんなつもりはないのです。信じてください。

【映像付き】ノートパソコンの水との戦い、その歴史を探る: 日経パソコンオンライン

そこでこれだ。ここに動画があるのだけど私は失神しそうになった。一番デカイ「Y5」という機種に植木に水をやるようにコップの水をぶっかけているわけです。

なぜ大げさに驚いているかというと、それはそうしないと成立しないからですけど(正直)、と同時に私にとってはこのシーンはデジャブそのもの。だって私はぼんやりしているからだっ!

私の「Let's note R3」というB5ノートにはキーボードカバーというかシートみたいのを貼り付けてある。よく笑われるのだこれが。ヒドいのになると

「日本人っていうのは機能性よりもすぐにカバーとかかけたがるんだよね(半笑)」

と民族性にまで言及しくさる。ふざけんなっ!それはいつか俺がゆーたことだわ!
ああ、悲しいブーメラン。というかふっふっふお部屋の中にいるお坊ちゃんにはわからないんだね外で仕事する時は目に見えない砂やら塵やら埃やらバンバンキーボードの間に詰まってすぐに壊れてしまうからカバーするのさそう砂漠を歩く遊牧民のようにね遊牧民がノートパソコン使うかどうか知らないけどさ。 とか、言い返したりするんですが

ウソです。

や。ウソじゃないけどホントは一番守っているのは喫茶店でコーヒーこぼしたり、どこぞの事務所で盛大にお茶こぼしたり、油断してると口に含んだ飲み物をピューっと吹き出したり(老人かよ)とかから守っているのです私。

あわてて拭いたりアジの開きのように干したりする危険を回避するためです。

ずっとこんなすっとこどっこいは世界で自分だけとじっと黙っていたのですが、この記事など読むと世界中にボーーっとしたすっとこどっこいは多いらしい。

ああ、よかった。そんだけです。

 

水をこぼしても破損リスク軽減--松下、 キーボード全面防滴のLet'snote発表 - CNET Japan
フォトレポート: 軽量・長時間・タフ!Let'snote夏モデル登場 - CNET Japan


2006年04月13日


あとで読む。


あとで読む「あとで読む」

なんて素敵な言葉なんだろうか。
責任感を自分で強いているようで問題先送り感がヒシヒシと感じるワードではないですか。

最近ソーシャルブックマークっぽいのを見てると「あとで読む」というキーワードが結構あって、なんだかなーとか思っていたのですがそこから取ったんかいな。

このサービスはやたらと便利なサービス連発しているRSS屋さんのサイドフィードが始めた新しいもの。コレ便利なんだよね。

登録したら自分用のスクリプトてかリンクが発行されるのでブラウザにブックマーク登録。んでWEB見ていて気になったらそのブックマーク開くとなーにもしないで、そのページがまるまる登録したメールに送るというそんだけ。リンクバーに仕込んでおけば1クリックでメールで送ってくれる。

あとはメーラーで自動振り分けにしておけば管理もできるというもの。

時々めんどくさくて記事の内容を自分のメールに送ったりするんだけど、それを簡単にしてくれたり。

んでもって、きっちり「あとで読む」すると読まなかったりするのもお約束。

登録の認証メールが届いたら「[あとで読む]登録確認メールです(いま読んでください) 」て書いてあってちょっと微笑んだ。


あとで読む - ブックマーク - an email-based free bookmarkservice
http://atode.cc/

 

 


2006年04月01日


ライブ配信終了致しました


casvee(4/1 23:00より、 約2時間に渡って我が家からAirBonchiの生放送に併せてライブ動画放送をここでしたわけですよ)

ストリーミングもスカイプも動画配信も全部やったので、パッツンパッツンでフリーズ寸前でございました。とゆーわけで動画も途中でとまったりいたしましたが、まあアレっすよ。

4月にウソをつくのにホトホト疲れましたので、真実をお届け致しました。

楽しんでもらえたかね?諸君。


2006年03月30日


オモコロ


「キミは脳内だけ青年だから気に入るんじゃないかなあ」

と、ある人に薦められて(そういうアンタは性格がオバハンじゃないか)「オモコロ」というサイトにちょっと前にハマる(青年だった)。非常にユルくくだらないガッツに溢れて好感がもてるじゃないか。

今日見たら「偉人ブログ」というコンテンツがあることを知る。

「社長ブログ」という余計な事を迂回して効率よく役に立つことだけを摂取したいというスクスク勝ち組希望者に人気のある似た名前のサイトがございますが、似ているがこちらは1ミリも役に立たなくてこれまた好感が持てる。

しかし、歴史上の人物によるブログが読めるのは「偉人ブログ」だけ。

一番新しいところでは伊能忠敬と徳川綱吉のグリーンピースなブログがアップされておる。すばらしい。ゼンゼン意味がない。

というわけで、くだらないもの好きなヤングと白いモノが目立つヤング双方見なさい。

源義経、平清盛、弁慶の「偉人メッセ」なんかおもしれえぞ。


オモコロ - あたまゆるゆるインターネット -
http://omocoro.jp/
偉人ブログ
http://erai.jugem.jp/


spacer.gif