2004年11月29日

風邪ひいていつものようになんかあった

う”~。風邪だよ風邪。
先週からずーっとなんかグズグズしてたのですけど、木曜日くらいからガチの風邪っぴきになりまして。

なんかねーのどが痛くて、関節が痛かったのです。普通には生活できますけどいつも体温が高い感じ。
もちろん病院に行きましたよ。ええ。注射も打ちましたけど注射の針が腕に入る瞬間ってなんでゾクっとするのでしょうか。Mだから?んなこたどーでもいいんです。

その後、金曜日くらいから諸症状が若干治まったかなと思ったら、今度は何故かしらねど涙が止らんとです。なーんかねー、一日中感動しっぱなしの熱い野郎になりました(病気だそれは)。困ったねー(現在も微妙に分泌中)。涙がずーっと出るのって意外と疲れるのよねー。疲労感っていうの秘宝館っていうの?

ヒーヒーいいながらバイトの書類を納品して、グズグズいいながらラジオを録音して、さー今日はもう早めに寝てイッキになおしちゃると意気込んだ私です。

伊達に命のキャリアを積んでいるわけではないのです(平たく言うとじじいってことです)。
こういうときは極限まで身体を暖めて、極限まで厚着をし極限まで暖かい環境で思い切り汗をかいて寝る。これが一番です。

というわけで、よく風呂につかり身体がさめぬウチに保温性の高い厚手の長袖シャツの上からトレーナーを、さらにその上からジャージを着、厚手の布団に潜り込みました。むろん、ストーブを忘れてはいけません。

ここで服部先生の一口メモです(誰だよ)。

栄養ドリンクなどを飲むとより暖まります。一般的にユンケルなどを飲んでは逆に興奮してしまい寝れなくなると言われますが、速効寝てしまえば大丈夫です。非常にポカポカして心地よく眠れるのです。

以上の万全の策を講じて、すぐさまさ布団にイン。もう室内は熱帯のような熱さです。
ポカポカポカポカポカポカポカポカ。

寝苦しくて眠れません。(大バカ)

どころかグズグズしていると

鼻血が吹き出て参りました。

大騒ぎです。どーも疲れてないのにユンケルがよろしくなかったのではと思われます(つまりちっとも疲労してない証拠)。ちょっとビックリしました鼻血なんて何年ぶり。

暑苦しさに負けて思わず窓を開けると、冬の気配すら感じる寒風が吹き込んで極楽。でも冷えるしね(当たり前だ)。

なんにせよ、この作戦は失敗です。おかしいなあ。昔はこうやっていつも治していたのに。トシいってこらえ性がなくなったのかしら。まあ、単純に早寝なんかついぞしていなかったので眠るというのにムリがあったのでしょう。ええ。

やむを得ずストーブなどを撤収し、普通に寝ることに。情けないったら。

そのころになると今度はユンケルが鼻血でるくらいですから、ギンギンに効いてきまして。逆に熱っぽくなってしまいましてな。ええ。坂道を転がるようです。

それから、4時になっても眠れませんでした。何時間じっとしてたのか知りませんが地獄です地獄。
結局、あきらめて起きあがりじーっと考え込んでしまったのです。ここで人生を考えると手首を切りたくなりますので、当座の対策について考えたわけですが(書いてて悲しいです)。

名案が浮かびました。

風邪には卵酒だろうと。

アルコールを摂取した方が眠れるでしょうし、そのむかーしおばあちゃんが卵酒というのを作ってくれたりしたのですよ。あのどろっとして甘い黄色い汁を飲んで、私、ああこれは大人の飲み物だなあと感激したのを思い出します。

あれを飲もう。(またややこしくする人)

ゾロゾロと起き出してキッチンまで行き、とりあえず作り方を思い出します(朝4時だ)。
ずっと昔に自分でも作ったことがあるので問題はありません。

<<おいしい卵酒の作り方>>

1・日本酒1合を鍋で暖めます
2・砂糖を少々。この場合はおくーすりですーので、ちょっと甘めの方が暖まります
3・暖まった頃合いを見計らってかきまぜ、溶き卵1個をゆっくりと注ぎしばらくして火を止めます。

これで美味しいっあらっ?玉子スープみたいになっとるわっ!(涙)

なんかリケンの玉子スープそっくりのビジュアルに!あっら~?おっかしいなあ。暖め過ぎでしょうか。もうちょっとどろどろした黄色い汁だったような気が。とりあえずもったいないお化けが出ますので、それを飲みますと。

アルコール漬けのリケンのワカメちゃんのようです(玉子スープだろが)。

悔しい。ばあちゃんにも失礼。のどごしはこの世の物と言えぬほどに最悪です。捕虜の拷問などに使えるほどのひどさです。悔しいっ。

ということで、もう一回チャレンジすることにします(懲りない)。

あっためてー、砂糖入れてー、卵をそそいでー、玉子スープにー。

号泣。

結局、2合も飲んでしまい(ま、さすがに後半は捨てた)なんか、異様にアルコール卵スープがムカムカしてそのまま布団に戻ると酔っぱらって寝てしまいました。ということでまあ目的は果たしたのですが、ネタのが6時くらい。それから12時間も寝てしまったのは秘密です。ちょっと自分の人生て。と、思いました。

母親からは死んだかと思ったと言われ、ゴミ扱い当社比200%。
おかげで風邪の諸症状はすっかり良くなっていたのですが、こーやって3時になってもまだここに書いているという有様です。眠れません。ええ。しかもなんかムカムカする。


母親に聞くとどうもやっぱ温度が悪いよう。しかも「あんなものはうまくも何ともない」と。

いや、子供のコロのあの味は確かに美味かった。と信じる私です。
明日免許更新いかないといけないんだけどな。とほほ。

Trackback on "風邪ひいていつものようになんかあった"

以下1件のトラックバックはこのページのエントリー"風邪ひいていつものようになんかあった"を参照しています。

このエントリーのトラックバックURL: 

» 卵酒

  • 2004年11月30日 19:04
  • from きくらげ

役に立つことは無いと思っていた盆地に卵酒の作り方が載っていました。正確には作り方はCommentで寄せられたものですから記事自体は役立たずなのですが。 鍋に日... [続きを読む]

Comment on "風邪ひいていつものようになんかあった"

Post a Comment

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  
このエントリーに返答があったらメールで知らせる: