2006年02月19日

私の心をかき乱すカーリング

オリンピア鑑賞精神に乗っ取って「全部観る」 をテーマに頑張ってはおりますが、完璧にヒマというわけでもなく締め切りという名の絶望もあり、 断っても逃げ回っても逃げ切れない飲みもありその実現は困難です。(てかちゃんと仕事しなさい)

でも頑張ります。朝8時まで中継につきあわされたあげく日本が8位でも。

そんな超傍観者的スタンスのオリンピックの中でもここしばらく、あまりにも異質な女子カーリングに興味シンシンです。ご存じですか。 石の丸いヤツをスーッと滑らせてゴシゴシゴシゴシブラシでこすり、 40m先の目標のダーツの的みたいのの中心を奪い合うゲームです。

これがけっこームツかしい。どっちかつうとビリヤードみたいなゲームで、繊細な技術はもとより頭を結構使います。 なんか筋肉番付世界大会みたいな中で、これだけ妙に文系のかほりが漂います。

まず選手のメガネ率が異様に高く、 年齢も高くなんだかアングロサクソンの教育ママみたいのがワサワサでて参ります。 そいで氷の上なのにベタ靴はいてドタドタ走ったかと思うと、そのままツーーーっと滑って行ったりするのも不思議。 試合によっては滑る世界PTA井戸端会議みたいなビジュアルになることもあります。

試合は異様に静謐でそんでもって長い。そいで今日気づいたんですが審判らしき人がほとんど出てこない。 どうやらそれがカーリング精神に関わるそうで選手だけで大体進んでいくのだとか。 これは審判だらけで規定やらルールやら反則やら年柄年中言っている中では異質。

ゲームも「自点を入れない作戦」とか「邪魔して入れさせない作戦」など爽やかさにも欠け、解説者が 「この戦略は相手を格下と見下した時にとるのです」とかゆって、 なんてスポーティじゃないゲームなんだ!と震えるほどです。 まー解説が勝手にゆってるだけかもしらんがな。

ところが観ているといつもと違う踏み込んだ感情でハマってしまいます。

私はこの謎について考えを巡らしたのですが、判明いたしました。 中継で選手の声がビックリするくらい全部聞こえるのが大きな原因です。

これはイケナイ。選手同士で練る作戦も成功した喜びも無駄話もなんもかんも異常に聞こえてしまうのです。 うっかりすると英語なのに相手の話もわかってしまうのです。

・ここ真ん中割っちゃおうか
・ラインなんかどっちでもいいから吹っ飛ばしてさー
・OKOK、あんま気にしないで・・・

とか聞こえるのです。良くも悪くも選手に感情移入(または反感)するじゃないですか。失敗した時に「ごめーん」 と弱々しくつぶやくのも聞こえるわけです。それが大体、スキップ(いっちゃんエライ人)の小野寺だったりするわけです。 あの雰囲気で一番エライのに失敗連発。組織的にもツラそうじゃないですか。と、ぐっと踏み込んで観てしまうのです。カーリング。

ああっ危うし俺!
超傍観的立場でなければツルっと滑って四コママンガなんて言えないではないですか。 真剣に考えては単なる鬼になるではないですか。カーリングはそれを許さない。 立場を守れない競技それはカーリング(ずいぶんオリジナルな見方でしょうか)。

「ごめーん」
いやーん(涙)<私
「私のせいで負けちゃって」
そんなぁぁぁん(涙)<私

というわけで、本日強豪カナダにミラクルショット連発で「よしっ」とかちゃんと聞こえて笑顔を見せると「あああああああよかったねぇぇぇぇ(超細目)」とグッと踏み込んだ感情を隠せない私。

というわけで意外と、オリジナルな鑑賞体験が味わえるのがカーリングなのであります。

(テレビ鑑賞に的を絞った論評)

Trackback on "私の心をかき乱すカーリング"

以下2件のトラックバックはこのページのエントリー"私の心をかき乱すカーリング"を参照しています。

このエントリーのトラックバックURL: 

» 雑記

  • 2006年02月19日 14:15
  • from 伊藤浩一のW-ZERO3応援団

●料金体系は難しいです。結局、データ定額にしてしまっています。つなぎ放題の料金体系を見ると、加入時に年間契約 + A&B割だと4,263円です。 そし... [続きを読む]

» [日記]カーリングがアツイね

  • 2006年02月19日 15:31
  • from いなあもノート Z

先日も「いなあもノート Z」でカーリングが見ていて楽しいと書いたばかりなのですが、周りにもそんな雰囲気が次々盛り上がっている模様。 Palm関連ではちんさんが... [続きを読む]

Comment on "私の心をかき乱すカーリング"

> 選手のメガネ率が異様に高く
つ[太字タグ位置、ずれとるよ]
つ[連夜の鑑賞、お疲れ様]
_
っ[鑑賞:芸術作品を深く理解したり、味わったりすること by ATOK]
っ[冬期五輪はスポーツを芸術まで昇華した!!]

  •   一匹の黄色い猿
  • 2006年02月19日 03:25

お。いいとこに気がついた。私のATOKも突然ありがた迷惑のように同音異義語が急に横に出るようになったのです。というわけで積極的に鑑賞といたしました。というわけでわざとなのよん。

  •   ちん
  • 2006年02月19日 03:43

おお、私もカーリングに心乱されておりますぞ。
今回の五輪、実はまともにみたのがカーリングだけだったりします。でも好きなんですよ、これ。

とうとうハイゼンベルクの罠に落ちてしまったのですね。純粋なる観察者であった貴方を感情移入が当事者たらしめ、かつての正確な判断が「不確かさの幅」をもってしまったことに恥じ入る必要はありません。オリムピックとはそう云うものです。(どう云うものだ)
ただ、私はどうしてもそちら側に行けません。プランク定数が大きすぎるのです。どうか気をしっかり持ち続けて、偉大なる観察者にならんことをひたすらお祈りするばかりです。

ワタシも現在フワフワ状態で激しく心乱されておりますぞ~ ゴメンなさい(何故か謝っとくのでありました)

  •   ヒロポン
  • 2006年02月19日 14:38

私も昨夜うっかりテレビをつけたら、その後数時間オリムピックをみる羽目に陥りました。
カーリングは初めてみたんですが、あんなにハマッテしまうとは、恐るべし。。。
あの「よしっ」には、私もガッツポーズを作ってしまいましたよー。選手同士の話が全部聞こえるのーってドキドキしてたのは私だけじゃなかったんですね、やっぱり。

  •   くどうっち
  • 2006年02月19日 16:17

私もゆーまさんに同じく、今回見たのはカーリングのみ。
後は??だってここの話で十分な私・・・(笑)
で、自分の番組収録中にカナダをやっつけた映像見て思わず、収録すっ飛ばして喜んだ喜んだ(苦笑)
そのまま上げてしまった位、楽しい競技と思います。

  •   鶴丸
  • 2006年02月19日 18:33

どぅおおお。イギリスにも勝ったわぁ。全勝しないと決勝に進めないんだけどねえ。あと2つ。

  •   ちん
  • 2006年02月20日 00:55

ゆーまさん。面白いです。やっぱ声が聞こえるのがね(しつこい)。


スイデンさん。ムツかしい事をおっしゃる。傍観者たらんとしてはいるのですが、そのバランスを崩される生々しさが楽しいカーリングです。なんたって「ライン見えてる?」て選手が聞いたらアナウンサーが「はい。見えてます」と答えるんだぜ(笑)。珍しい競技で実にテレビ的。


ヒロポンさん。ディティール派としては情報量の多さがお得感ありますね。ええ。ともに観ましょう。


くどうっちさん。んだねえ。同じだねえ。しかしアレだ。小野寺って負けると泣くし勝つとぴょこぴょこ跳ねるしなんかファンになったみたい。声聞こえるし。


鶴丸さん。今日も勝ちましたよ。あとはイタリアとスイスなんですね。スイスつええんだ。

  •   ちん
  • 2006年02月20日 01:01

つ[タグ位置のずれもわざと?]
つ[(細字)選 (以下太字)手のメガネ率が]
つ[や、別にいいんだけど}
_
っ[良いんだったら言うなとも]

  •   一匹の黄色い猿
  • 2006年02月20日 01:28

かかか。まあまあそうムキにならないで~。確かにタグ位置は単純に間違い。ごめんなさい。直しておきますね。いつも頼りがいのあるキミだよろしう頼む。

  •   ちん
  • 2006年02月20日 01:48

そんなちんさんには、映画『シムソンズ』はいかがでしょう。
http://www.sim-sons.com/

ソルトレークシティーオリンピック日本代表チームの実話を基にした映画とのこと。

ところで小野寺選手をそのまま映画に出しても、画になると思うのはワタクシだけ?

  •   SANAI
  • 2006年02月20日 07:58

ええ、見たいんです。前評判はなかなかのようですよ。小野寺見てると面白いなあ。

  •   ちん
  • 2006年02月20日 22:10

イタリアにも勝っちゃってあとひとつだなあ。すごいなあ。すごい聞こえるなあ(声)。

  •   ちん
  • 2006年02月20日 22:13

うおおーん負けたー。よりよいオリンピックライフを送るにはあと何試合か見たかった。我が徹夜に悔い梨。りんご。

  •   ちん
  • 2006年02月21日 05:39

最初はクールな林さんにひかれたけど、最後は小野寺さんの侠気にやられました。

シムソンズにちょろっと小野寺さんは最後に写るみたいですよ。感動を貴方に!


オッズさん。確かに。林のクールな参謀ぶりも素敵でしたね。他にもアナウンサーが一所懸命「マリリンマリリン」というのも素敵でした。21世紀のマリリン。


さらみさん。やあ!ていうか追っかけではないのです。でも映画はみたいっすね。

  •   ちん
  • 2006年02月22日 03:57

diblogtest provekara spamilki i niibet

Post a Comment

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  
このエントリーに返答があったらメールで知らせる: