2005年07月15日

寝不足と鼻づまりは不幸の証

結局、寝ないまんま今日はってか昨日は、朝からとある会合に行かなきゃいけなかったので久しぶりにスーツを着てでかけたのですよ。 なんちゅうか風邪気味で鼻も詰まりがち。最低なコンデションですぜ。

会合つっても参加者に向かって並んだテーブルの一番端っこにほーんとに数時間座ってるだけなの「書き割りのセット」 的な役割なものなので、ラクっちゃラクなわけです。んが、逆に何もすることがないので、メチャメチャ眠い。

この手の会議的なものって普通でも眠くなるわけですが、これがアナタ寝てないわけですから普通に眠くなるというものです。

こーゆー時の眠気のツラさったらもう。
こー段々目の前が一瞬ボヤ~っとぼやけてきて、フっと戻るみたいな。目の前が二重に見えてきてハッと戻るみたいな。 んでもって自分の首が若干曲がって来てることを自覚するじゃないですか。ぐらーっと。ぐらぐらーっと。イカンイカン!と、 この繰り返しですわね。この戦いに負けると、公衆の面前で地球ゴマのようにグラグラグラグラ(古い)なるわけです。

隣にはずらっと気合いの入ったガッチリ加齢臭を身にまとった皆さんが座っているわけで、 その中央あたりでは強面の女性がホワイトボードを指し示しながら熱心に語っているわけです。

しょうがないのでノートパソコン出して、議事録的な(当然そんな役目ではないです) 風を装いつつそっとワザワザエアエッジでネットにつないでWEB見たりしてメッセンジャー立ち上げたり閉めたりして、 このドキドキ感をあえて演出したりして色々と努力をしてるんです。私なりに。ま、 手遊びしてると小学生の頃から通信欄に書かれる私ですが。

でも、最初はいいんですがボゥと視界が滲んでグラグラっと。ええ、あんまり効果ないわけですね。

20人ほどの人の目がこっち側に向いてますので、ここでうっかり気を許してグーラグーラしだした日にゃアナタ、 コイツなんにも仕事してねーなってバレますでしょ。 元々頭数なんでしてないんですがね。ハッキシ言って。

イカンイカン苦しい苦しい。ダークサイドに落ちる落ちるオビワン助けて。
この苦しさは皆様にも一度や二度ありましょう?ないですか?人間味に欠けるなキミわ。

予算の使い方がどーたらこうたらと話は白熱してる状況でございますが、そこで私、ハっと気が付いたわけですね。

居眠りというのは脳に酸素が不足した状態である。と。なにかで聞いたことがある。 ホントかどうかはこの際どっちゃでもエエんです。酸素だ。酸素が足りない俺には足りない酸素も愛もお金も(どさくさに紛れて言う)。

しかしこの状況、口を開けてガーっと吸うわけにもいかず。これは鼻から吸うのがよかろうと思いましてね。
ただ鼻は詰まり気味で果たして十分な酸素を供給することが可能かという議論は残りますが(誰と議論すんだよ)、とにかくコレしかない。と、 私はですね様子をそっと伺いつつ太極拳のようにそーっとそーっと思い切り息をまず吐き出し、そしておもむろに息を吸い込んだのです。 すると

ピヨ~~~~~~~~~~~~

っと、生涯一度として聞いたことのないか細く甲高い高級なピッコロのような音が鼻から。

わやじゃがな。
凍り付く会場。いったい何の音なんだ!という反応が、ええ、会場中の視線がこちらに。おーまいが。

し、死にたい。こんな人生なら。

と、思いました。
とりあえずなんか答えねばならないと思い「やあ失礼しました」と、ここは冷静に大人らしく答えるのがベストなのですが

声が裏返ってヨーデルみたいな声が。

わやじゃがな。

ま、とりあえずそんだけで済んだわけで、おかげで目はバッチリ冴えましたがなんだか終了後、 主宰のオバハンからどっさり会計資料を渡されて、「すみません大変なお仕事をお願いしちゃって」と言われる始末。

どうやらどこかの場所でその仕事を頼まれて、私了解したようなのです。
夢遊病かよ。ゼンッゼン記憶にないんですけど。と、いうわけでまたタダ働きみたいな作業が増えてしまいました。

うーん。寝不足と鼻づまりがセットの場合は諸君も注意するように(なんで偉そうなんだ)。
後悔したなあもう。


 

 

 

ハゲルチカその他のエントリー

  1. 2005年05月29日

    1. みなさんに問題です

  2. 2005年05月13日

    1. 薄毛の人は部長止まり

  3. 2005年04月02日

    1. 意外なところからご批判頂く

  4. 2004年12月03日

    1. 破毛と戦うことを再び宣言

  5. 2004年11月02日

    1. 私は戦う!メロウのために。

  6. 2004年10月24日

    1. メロウな毛髪