2005年01月20日

ヤツとの再会2

テノール野村。

私のコンビニ感を変えた彼に私は「ファン心理」に似た憧れを持っているのです。
そっけない接客、あるいは客と従業員のクールな関係に深夜の安らぎを求めていた私にガツンとカルチャーショックを与えたテノール野村。

過剰な笑顔、良く通るテノールで発せられる美しい日本語の響き。
お客様の心理を読んでしつこく繰り返されるコーディネート販売(時々的はずれですが)。
踊るように手先まできちんと神経の行き届いた所作、そして時折見せるフェミニンな仕草もチャーミング。
彼にかかればコンビニは最上級のホテルに劣らぬ最上のサービス空間であり、ショウパブ顔負けのステージであるのです。

そんなうちの近所のセブンイレブンのスターはいつしか深夜からお昼のバイトに変わっており、その際はタモリが「笑っていいとも」で昼の顔から全国の顔へと昇格したような一抹の寂しさを感じたモノです。そんな彼もいつからかフっと姿を消してしまった。

そして新しい年、2005年1月20日未明に突如としてヤマザキデイリーストアに現れたのです。これを驚愕せずに何に驚愕しましょう。

ときめきました。彼は引退ではなく移籍をしていたのだけだと思うと、神にすら感謝したくなりました

しかし。
彼を目撃した瞬間私は目眩にも似たとまどいを感じました。彼にはあのオーラが感じられない。
正確に言えばオフステージのテノール野村。かつてダイエー福重店で目撃した彼と同じように見えたのです。

まず気が付いたのはルックスが激変していました。髪の毛が金色に近くなっているのです。

"ヤツとの再会2"の続きを読む

テノールその他のエントリー

  1. 2005年01月20日

    1. ヤツとの再会

  2. 2004年08月19日

    1. 夏のテノールコレクション

  3. 2004年06月30日

    1. ちゅらちゅらちゅらちゅらちゅらちゅららー

  4. 2004年05月19日

    1. コンビニのギャルソン